2019年6月22日土曜日

鶴居村はベビーブーム。


雄大な国立公園、釧路湿原を眼下に望む鶴居村。
桜咲く5月、その湿原に丹頂のヒナが誕生しました。


つがいが力を合わせて大切に育てます。


100日後には、成鳥ほどの大きさに育ち、家族で空を舞います。


いまはまだお母さんが付きっきり。


こちらは、どさんこうまの赤ちゃんです。男の子。


生後、一ヶ月ほど経ちました。


丹頂のヒナ同様、お母さんといつも一緒です。


しばらくすると、親から離れ、少しだけ冒険します。

元気に育ってね!

2019年6月13日木曜日

丹頂の故郷、鶴居村で原画展。


5月11日(土) ~ 12日(日)、釧路湿原を望む鶴居村で原画展が開催されました。
村立図書館オープン記念の催しとして、企画してくださいました。


ポスターです。


桜が満開です。祝図書館オープン!


原画展会場です。館内、とても開放的です。


鶴居村は子育て支援の村として有名です。
多くのお子さんと親御さんが会場に来てくれました。


お絵かき教室の前に、読み聞かせ会を行いました。


親子皆で楽しみました。
完成した作品に大満足!

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

丹頂についての内容をまた近々更新します。

2019年1月6日日曜日

亥年のスタート!

(昨年11月1日、佐賀県有明海にて)

あけましておめでとうございます。皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたします。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。ほんだてつや

2018年12月23日日曜日

23年目の一日美術館(北海道~鹿児島県、一万キロの旅より)。


今月半ば、54日間の原画展の旅を終え、十勝清水のアトリエに戻りました。

今年の一万キロの旅のスタートは、10月12日。小樽港で新日本海フェリー「あかしあ」に乗船。その後、滋賀県から鹿児島県まで8県、22カ所で一日美術館、ワークショップを開催しました。

多くの方々や子どもたちとの楽しい出会いがありました。お忙しいなか準備してくださった主催者の皆さま、ありがとうございました。

以下、各地の一日美術館の様子です。

(山口市立佐山小学校)

佐山小学校が、山口県内で百カ所目になりました。
2001年2月、市内の大内小学校が初めてでした。
17年間、応援してくださった山口県の方々、ありがとうございます!
今後もよろしくお願いいたします。

(ひびきの森/山口県宇部市)

声楽家の三浦恵子さんの「なきうさぎのピッチ」にあわせた曲の歌声に魅了されました。

(吉井保育所/長崎県佐世保市)

原画展会場にて作曲家でピアニスト、重松壮一郎さんのコンサートがありました。
海外でも多数公演されている重松さんのピアノ演奏。
無垢の自然に包み込まれるような優しく心に響く演奏でした。

(さざなみ保育園/長崎県佐々町)

原画の前で新刊『なきうさぎのピッチ すごいんだ』の読み聞かせ。
途中、子どもたちによる「すごいんだ」の歌(作曲、ピアニストの大川千瑞さん)の大合唱に感動!

(福岡県久留米市宮ノ陣小学校)

「絵本の会」の皆さんが原画展の準備や読み聞かせをしてくださいました。
ありがとうございました!

(茶楽/滋賀県近江八幡市)

お絵かき教室の会場は、江戸時代からつづく素敵な蔵でした。


子どもたちの可愛らしい絵ができました。

各地の皆さん、ご来場いただき、ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。良いお年を!

2018年10月14日日曜日

1万キロの旅(23年目)。


昨年に続きキタイイズナの写真が、いいずな書店のカタログ誌の表紙になりました。過去の取材の様子はこちらこちらです。

今月から1万キロの旅(23年目)が始まります。原画展の準備をしてくださった皆さん、ご来場予定の方々、子どもたちとの出会いを楽しみにしています。

今年は、新刊『なきうさぎのピッチ すごいんだ』(9月15日発行/芸文社)を中心に、前作『なきうさぎのピッチ だいじょうぶ』他、原画40点ほどを展示します。

以下、スケジュールです(随時更新予定です)。

10月  岡山県 鹿児島県 長崎県

岡山県   新見市西方小学校(15日)
                 千屋小学校(16日)

鹿児島県  鹿児島女子短期大学付属なでしこ保育園(18日)
      鹿児島女子短期大学(19日)
      鹿児島市つぼみ保育園(22日)

長崎県   佐々町さざなみ保育園(25日)
      佐世保市吉井保育所(27日)
      大村市池田保育園(29日)
      西海市亀岳保育園(31日)他

11月  長崎県 福岡県 山口県 兵庫県 広島県

長崎県   諫早市湯江小学校(3日)

福岡県   久留米市小森野小学校(6日)
                            金丸小学校(7日)
                            上津小学校(8日)
                            宮ノ陣小学校(9日)

山口県   岩国市宇佐川小学校(12日)
      周南市熊毛中学校(14日)
      宇部市ひびきの森(24日)
      山口市佐山小学校(26日)

兵庫県   西宮市安井幼稚園(22日)

広島県   尾道市向東小学校あひる文庫(28日)

12月  滋賀県

滋賀県   高島市、絵本による街づくりの会(1日)
      近江八幡市ティースペース茶楽、絵本による街づくりの会(2日)



福岡県久留米市宮ノ陣小学校のポスターです。
山口県宇部市ひびきの森のポスターです。

皆さんとの出会い、再会を楽しみにしています。(連絡についてですが、12月中旬まで携帯電話にお願いいたします。メールのご連絡につきましても、対応が遅れることがあると思いますが、必ず拝見し返信しますので、どうぞご了承ください。)

2018年10月11日木曜日

なきうさぎのピッチ、新刊!

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%8D%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%81-%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84%E3%82%93%E3%81%A0-%E6%9C%AC%E7%94%B0-%E3%81%A1%E3%81%88%E3%81%93/dp/4863965761/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&qid=1539231195&sr=8-2&keywords=%E3%83%8A%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%81&linkCode=ll1&tag=hikahon-22&linkId=759f31594a5375f7f137bae2cfb0c0a6&language=ja_JP

9月15日、『なきうさぎのピッチ だいじょうぶ』の続編『なきうさぎのピッチ すごいんだ』(芸文社)が発行されました。

だめじゃない!
もともときみは、すごい力をもっているんだよ!
みんながきみをおうえんしているよ!

なきうさぎのピッチは、鷹に襲われてケガをしてしまいますが、家族や仲間の応援に励まされて立ち直ります。
原画より(第1場面)
原画より(第6場面)
原画より(第7場面)
原画より(第11場面)
原画より(第14場面)

どんな時でも決してひとりではないという思いを、北海道に生きるうさぎを通して感じていただけるとうれしいです!

2018年5月19日土曜日

どさんこうまの赤ちゃん


釧路湿原の朝日です。どさんこうまの赤ちゃんが生まれるのです。


予定日は4月29日。その一週間前から近くの山荘で待機していました。


毎朝、0℃近くの気温です。ストーブが欠かせません。


山荘をアトリエ代わりにしていました。


越冬中の蝶や虫たちもストーブの灯に誘われるように、一斉に目覚めました。 
クジャクチョウです(昨年7月に生まれ、成虫で山荘室内で冬を越しました)。 


待ちに待った子馬が生まれました!
男の子です。
名前は、"はるかぜ"です。


すぐに立ち上がり、へその緒をつけたまま歩きました。
柵越しに、おばあちゃん(左端)が様子を見ています。


生まれて半日後には駆け始めました。
お母さんの愛花ちゃんが心配そうに制止しています。
  

ついこの間まで甘えん坊だった愛花ちゃんも、立派にお母さんに急成長。
さすが野生馬です。
はるかぜくん、誕生おめでとう!


6月の原画展、ワークショップのご案内です。会場でお会いできるのを楽しみにしています!

       深川市立図書館/生きがい文化センター2階
       絵本原画展「どさんこうまのふゆ」「なきうさぎのピッチ」
       6月1日~9日(9日にお話し・お絵かき教室を開催します。)


       妹背牛町郷土館
       絵本原画展「どさんこうまのふゆ」「なきうさぎのピッチ」
          6月16日~17日(17日にお話し・お絵かき教室を開催します。)

2018年1月7日日曜日

戌年のスタート!

夜明け前の然別湖畔(制作中の原画、第一場面より/画材色鉛筆)

あけましておめでとうございます。
新春を迎え、皆様のご多幸をお祈りいたします。

年末に十勝清水のアトリエに戻り、制作に取りかかっています。


昨年取材しましたナキウサギも描いています。
子ウサギくん、今年も元気に育ってほしいです。


原画制作の前の素描です。


夏でも溶けない凍土のある風穴地帯を描いています。
ナキウサギや高山植物を育む貴重な自然環境です(過去の取材の様子はこちら)。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年12月27日水曜日

22年目の一日美術館(北海道~鹿児島県、一万キロの旅より)。

鳥取県、広島県境の峠にて(11月下旬)

先日、2ヶ月間におよぶ原画展の旅を終え、十勝清水のアトリエに戻りました。

今年の一万キロの旅は、10月7日、北海道の地元、芽室町からスタートしました。その後、鹿児島県や長崎県まで10道県、23カ所で原画展、ワークショップを開催できました。多くの方々、子どもたちとのうれしい出会いがありました。お忙しいなか準備して下さった主催者の皆さんに感謝しています。

以下、各地の一日美術館の様子です。

3年連続で原画展が実現しました。新見市思誠小学校(岡山県)

新見市塩城小学校(岡山県)

久留米市宮ノ陣小学校(福岡県)

遠賀町図書館(福岡県)では、多くの年配の方々もご来場されました。館長さんが読み聞かせをしてくださいました。

親と子のお絵描き教室(鳥取県日吉津村図書館)


完成した絵に子どもたちも大満足(南九州市おののもりこども園)

森の幼稚園(鳥取県智頭町)の会場は、とても趣のある古民家でした。

岡山県奈義町では古民家をお借りし、約2週間、アトリエとして利用させていただきました。

滞在中、絵本の原画(色鉛筆)を4点制作しました。

各地の皆さん、ご来場いただき、ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。良いお年を!