2017年2月24日金曜日

思いがつまった「ふるさと絵本」発表会!


厳寒期の道北、西興部村です。


村に近づくと、キタキツネくんが出迎えてくれました。
毛並みも良く元気そうです。


西興部小学校で「ふるさと絵本」の完成発表会がありました。大好きな村の自然や施設、行事を通じて、驚いたこと、楽しかったこと、感心したことなど、色々な体験や様々な思いを絵本にしました。


自作絵本を発表する先生(2015年7月開催時)。
絵本づくり名人の里美校長先生を中心に、学校ぐるみで取り組んでいます。


お父さん、お母さんだけでなく、名寄市の読み聞かせ会の方々も参観され、子どもたちの発表を楽しみました。


自作絵本の読み聞かせの様子です。


ドキドキしながら読んでいきます。
読み終わると、達成感が伝わってきます。


一人が読み終えるとすぐに1分間で感想を書き、挙手して発表。どの絵本にも、たくさんの感想が!気持ちが十分に表現された素晴らしい絵本ばかりでした。

「僕らの故郷、西興部村はやっぱりすごい!」子どもたちにとって、故郷の良さを再発見でき、表現することの喜びにつつまれた貴重な体験になったと思います(絵本はしばらく村の図書館に展示されます)。


以下、お知らせです。素敵なチラシが完成しました。
一つ目は、2月25日(土)と26日(日)、北海道斜里町立図書館にて、二つ目は、3月3日(金)、4日(土)、5日(日)、北海道東神楽町図書館での原画展とワークショップのご案内です。会場でお会いするのを楽しみにしています!

 

2017年1月4日水曜日

酉年のスタート!


あけましておめでとうございます。本年が皆様にとって喜びあふれる一年となりますようお祈り申し上げます。


日の出をバックに飛翔するマナヅルです(昨年11月7日、鹿児島県出水市にて)。


2017年元旦を過ごす丹頂鶴の一家です。


こちらは、穏やかに共生する白鳥と丹頂鶴(釧路市阿寒町にて)。

皆様、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年12月24日土曜日

21年目の一日美術館(北海道~鹿児島県、一万キロの旅より)。

コスモス畑にて(福岡県)

12月20日、北海道西興部村上興部小学校でのワークショップを最後に、十勝清水のアトリエに戻りました。

今年の一万キロの旅は、10月14日、北海道の北広島市からスタートしました。西は長崎県大村市、南は鹿児島県南九州市まで。多くの子どもたちとの出会い、お忙しいなか準備してくださった主催者の皆さんに感謝しています。

以下、各地の一日美術館の様子です。

下関市百合文庫の手作りポスター。

エトピリカぱたぱた工作づくり(北広島市図書館)

路上でカワイイ絵を発見(北広島市)

国立山口徳地青少年自然の家での展示。

お父さん、お母さんと一緒に二日間かけて手作り絵本を完成させました。皆さんで楽しく発表会をしました(自然の家にて)。

下関市清末保育園にて。

上興部小学校の児童が獅子舞で迎えてくれました(北海道西興部村)。

各地の皆さん、またお会いできる日を楽しみにしています。メリークリスマス!

2016年10月15日土曜日

1万キロの旅(21年目)。

講演では、なきうさぎのお話しもします!

今月から1万キロの旅(21年目)が始まります。毎年再会している皆さん、子どもたちとの出会いをとても楽しみにしています。

以下、スケジュールです(随時更新予定です)。


(9月)  北海道

 北海道 西興部村(道立文学館、西興部村共催)
     帯広市市民ギャラリー(市教育委員会主催)

(10月)北海道 岡山県

 北海道 北広島市図書館(14~16日)

※ STVラジオ「日高晤郎ショー」の「絵本365日」にて『なきうさぎのピッチ だいじょうぶ』を朗読していただく予定です(29日、午前11時20分〜)。
11月12日、午前11時20分〜 に変更になりました。

 岡山県 勝央町立勝央北小学校(19日)
     津山市立喬松小学校(21日)
     奈義町立滝川つくし幼稚園(25日)
     津山市立中正小学校(27日)

(11月)長崎県 鹿児島県 福岡県 山口県 広島県

 長崎県 大村市池田保育園(2日)
     佐世保市三浦保育園(4日)
     佐々町さざなみ保育園(5日)

 鹿児島県 南九州市古殿保育所(8日)
      霧島市中央公民館/紙ふうせん(9日)

 福岡県 大野城市まどかぴあ図書館/おひざでだっこ(11日)

 山口県 下関市立清末保育園(18日)
         清末百合文庫(19日)
     宇部市ひびきの森(23日)
     国立山口徳地青少年自然の家(26~27日)
     下関市立清末小学校(28日)

 広島県 尾道市総合福祉センター/教育ボランティア研修会、市教育委員会主催(30日)

(12月)鳥取県 岡山県 滋賀県 北海道

 鳥取県 南部町図書館(3~4日)

 岡山県 新見市立思誠小学校(7日)
         南小学校(8日)

 滋賀県 高島市絵本による街づくりの会(10~11日)

 北海道 弟子屈町図書館(17日)
     西興部村立西興部小学校、上興部小学校(19日)
     西興部村立西興部小学校(20日)


皆さんとお会いするのを心待ちにしています。(連絡についてですが、12月中旬まで携帯電話にお願いいたします。メールのご連絡につきましても、対応が遅れることがあると思いますが、必ず拝見し返信しますので、どうぞご了承ください。)

2016年10月13日木曜日

秋〜冬の原画展、今年も始まりました(西興部村、帯広市より)。

講演会直前の会場前にて(西興部村)
 
9月下旬、十勝のアトリエから北へ250キロ、道北の西興部村からスタートしました。


新刊の出版記念原画展のポスター(帯広市)

色彩と構図が素晴らしいポスターです。制作してくださったのは、佐竹真紀さん。ありがとうございました。


ストーリーに寄り添うピアノの調べ。素敵な読み聞かせ会を開催してくださいました。作曲と演奏は、ピアニストの戸澤里美さん(西興部村会場)。

西興部村会場


帯広図書館友の会、十勝童話会による読み聞かせ会。期間中、千人以上の方々が来てくれました。


こちらは大人対象の読み聞かせ会の様子です。大隅邦宏さんの読み聞かせ(朗読)は素晴らしく、世界観に引き込まれました(帯広市会場)。


30年前の現代童画展(元現代童画会会員)への出品作品も展示しました(帯広市会場)。


アトリエを再現。使い慣れた椅子に座り講演しました(西興部村会場)。

講演会の終了後(西興部村)
 
ご来場いただいた皆さま、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

2016年8月27日土曜日

新刊の出版間近!


9月に出版される新刊「なきうさぎのピッチ/だいじょうぶ」の色校正が出版社(芸文社)から届きました。絵本を手にしているのは、夏休みを利用して山口県からアトリエに遊びにきてくれた男の子です。

14場面より

15場面より

色鉛筆画の質感がそのままの素晴らしい印刷(精興社)でした。



最近も取材は継続中です。十勝岳山麓に咲く、淡い紫色の高山植物イワブクロ。


高山帯の岩礫地に群生しています。


あれれ、イワブクロが群生地から岩場に移動!?


おしりが見えた。


やっぱりナキウサギくんでした。くわえて運んでいたのです。


実はイワブクロが大好物。大好きな花から食べ始めました。


近くで、シマリスも食事中でした。

暖かな夏の間にたくさん食べてね!

2016年6月12日日曜日

6月の北海道は氷点下の「冬日」。


6月3日の十勝岳山麓です。
早朝6時の気温は、なんとマイナス1.6度。


野生動物の取材に出発したのですが、途中から一面の銀世界。


夏毛に衣替え半ばのキタキツネ。
いきなりの寒気に耐えています。

5月の積雪は時々ありますが、6月はめずらしいです。

2016年5月30日月曜日

早春の大雪山系、ナキウサギと仲間たち。


5月中旬の午前5時、大雪山系です。小鳥やナキウサギたちの朝の挨拶がにぎやかです。


きれいな毛並みと丸い耳。昨年誕生したナキウサギにとって初めての春です。


食事に夢中です。一日中食べ続けています。


そんなに食べて小さな体がパンクしないのかな。


ウサギくん、こちらに近づいてきました。3メートルほど先から、僕の様子をじっと観察しています。


僕は緊張して固まっていましたが、ウサギくんは急にリラックス。警戒心が解けたようです。


その後、温かい日差しに包まれて、うとうとしていました。


シマリスがひょっこり現れました。


僕の足下まで近づいてきました。
大きな目が可愛らしいです。


残雪の上に、ユキウサギの糞がありました!

ナキウサギとシマリス、ユキウサギ。日差しが温かい今日この頃、岩場が活気づいてきました。